通夜・葬儀 - 社団法人 市民法事センター 安心の僧侶派遣

  • トップページ
  • 市民法事センターについて
  • サービス&料金
  • ご依頼者さまの声
  • 葬儀・法事の知識
  • よくある質問
  • 対応地域

トップページ » 通夜・葬儀

通夜・葬儀(一般葬、家族葬、直葬 他)

市民法事センターが担当するのは「法要」の部分です。

関東、中部、関西は、優良葬儀社のご紹介もできます。 » 対応地域/指定葬儀社一覧

葬儀費用の内訳

通夜・葬儀 3つのプランと直葬オプション

規模やご予算に合わせて選択いただける3つのプランを用意しております。宗教費用を含まない葬儀社のプランと組み合わせてご検討ください。 ご依頼後は当センターと葬儀社が直接連絡を取り合い、円滑に連携いたします。
※ 予算面の事情がある場合はご相談ください(宗派に拘らなければ柔軟な対応が可能です)

ご依頼方法

【葬儀屋さんをご自身でお選びいただいたく場合】

葬儀屋さんに連絡する前にに当センターへご連絡ください。当センターの担当者が今後の手順をご説明の上、葬儀屋さんと密に連絡を取りスムースな葬儀をとり行います。

【葬儀屋さんの手配を当センターにご依頼される場合(※関西、関東、名古屋のみ)】

対応地域をご確認の上、当センターへご連絡ください。
当センター指定の葬儀屋さんを早急に手配いたします。

一般葬プラン

一般的な葬儀プラン

一般的な葬儀内容です。式場やご自宅で祭壇を組み、初七日法要は火葬後に斎行します。

法要一式 15万円

税込 交通費込(※1) 戒名込

※1 交通費が必要な地域あり
※2 おもてなし費用は含まず

場所 : 式場・自宅
祭壇 : 葬儀社のプランで選択
僧侶の服装 : 納衣

一般葬の流れ

一般葬の詳細

基本葬プラン

都市部における基本型葬儀

家族葬向に対応したパッケージ型の葬儀。初七日法要は告別式に引続き行います。

法要一式 13万円

税込 交通費込(※1) 戒名込

※1 交通費が必要な地域あり
※2 おもてなし費用は不要

場所 : 式場・自宅
祭壇 : 葬儀社のプランで選択
僧侶の服装 : 納衣

基本葬の流れ

基本葬の詳細

一日葬プラン

通夜省略の標準告別式

直葬で後悔されないためのプランです。

法要一式 8万円

税込 交通費込(※1) 戒名込

※1 交通費が必要な地域あり
※2 おもてなし費用は不要

場所 : 式場・自宅
祭壇 : 葬儀社プランで選択
僧侶の服装 : 納衣

略式葬の流れ

略式葬の詳細

各葬儀プランの内容と費用の関係は、別紙一覧表でご確認下さい。

葬儀プラン 比較一覧表(内容、費用)

宗派について

宗派がわからない方、どうしても特定宗派の僧侶を希望する方はご相談ください。

ご希望の宗派で対応出来ない場合もあります。

宗派のご希望がある場合はなるべくご要望に沿った宗派の僧侶を派遣いたしますが、地域や僧侶のスケジュールによってはご希望に添えない場合もございます。ご希望に添えるかどうかはその時でないとわかりませんので、お問合せください。

本家と異なる宗派の僧侶に供養してもらって問題ないのか?

墓地継承者でない場合、ご自身でお寺や宗旨を決めても問題ありません。仏教は元々一つです。時代を経て様々な宗派に分かれましたが、その根本は同じです。宗派が異なる僧の読経でもきちんと供養できますのでご安心ください。

直葬について

葬儀の良し悪しは、費やした金額で決まるものではありません。しかし、法要ひとつひとつには意味があります。近年「直葬(炉前葬)」など安価な葬祭の需要が高まっている風潮がありますが、簡略化が行き過ぎであると考えます。当センターの直葬は安置所等での読経供養も追加しておりますが、特別な事情がない限り、基本葬以上のプランをおすすめします。

お葬式の前後に行う法要

市民法事センターなら葬儀の後の法要も安心。原則、葬儀を担当した僧侶が担当いたします。

【葬儀オプション】「枕経」+ 対面でのご相談 [1万円 + 交通費]

枕経とは、故人の成仏を願い亡くなったその日の内に枕元で読むお経です。枕経を上げた後、僧侶と戒名や宗教的なことについて話し合います(このサービスをご利用されない場合でも、電話やメールでしっかりと対応いたします)。

七日参り(二七日、三七日、四七日、五七日、六七日) [各3〜5千円程度]

初七日法要の後、七日おきに行う法要です。近年省略することが多くなりましたが、一つ一つの法要に意味があります。より丁寧な供養をしたい方はご利用ください。 詳細は法事への僧侶派遣をご覧ください。

四十九日、その後の回忌法要 [各3万円程度 + 交通費]

逝去後49日目に故人が成仏できるよう法要を行います。この法要で本位牌に魂入れを行いますので、この時までに本位牌をご用意しておいてください。仏壇のない方は、仏壇も準備しておいてください。法要後、忌明けの会食を開くのが一般的です。同時に納骨式を行うことも多いです。詳細は法事への僧侶派遣をご覧ください。

ご予約・ご相談

誠に勝手ながら、諸般の事情により、しばらく休業とさせていただきます。休業中のお問合せは、営業開始日以降に順次回答させていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承お願い申し上げます。

市民法事センターについて

市民法事センターは、関西と関東の都市部を中心に僧侶を派遣している社団法人(大阪府より公益法人認定)。「志の高い僧侶による丁寧な供養」を「透明性の高い安価な料金」で提供いたします。法要は宗教的なこともあり、不透明に感じる部分に疑問があってもなかなか聞けないものです。ご遺族の方の精神的、経済的負担を軽減し、安心して故人の弔いに専念していただけることが我々の願いです。

» 市民法事センターの特徴

どんなお坊さんが来てくれるの? - 当センターの僧侶について

当センターが派遣する僧侶は、全員が各宗派で修行を納めた僧侶資格保持者。 面接で人柄を確認し、当センターの考えや方針に賛同いただいた志の高い方々を採用しております。

» 代表のごあいさつ&スタッフ紹介

法要にあたって

宗派について

墓地継承者でない場合、宗派はご自身で決めることができます

長男(墓地継承者)でない場合、ご自身でお寺、宗旨を決めても問題ありません。ご予約いただくと、ご住所やスケジュールを考慮し派遣する僧侶をセッティングします。「本家と異なる宗派の僧侶に供養してもらって問題ないのか?」とお問い合わせいただくことがありますが、仏教は元々一つ。時代を経て様々な宗派に分かれましたが、その根本的な部分は同じです。宗派が異なる僧の読経でもきちんと供養することができますのでご安心ください。宗派がわからない場合や、どうしても特定の宗派の僧侶に来て欲しいという場合は、ご相談ください。

よくある質問

ご協力いただける僧侶様・神職様・寺院様を募集しています

当センターでは、宗派問わずご協力していただける僧侶様(要資格)を募集しております。 僧侶・寺院・神職募集をごらんください。

ご協力いただけるボランティア様を募集しています

当センターでは、法人業務(事務作業、運転手など)のサポートをお手伝いいただけるボランティアの方を募集しております。 興味のあるかたは、お問合せください。

このページトップへ